ダイヤモンドだけじゃない!二人に合った婚約指輪とは

海外と日本の婚約指輪の歴史

永遠の愛を誓う婚約指輪。婚約指輪が人類の歴史に登場するのは古代ローマ時代のことです。当時は固い誓いを表すのに鉄の指輪を用いていました。2世紀になると金の指輪になっていきます。15世紀には金の指輪にダイヤモンドをつけた指輪が王家の婚約指輪となりました。一般人にこの習慣が普及するのは19世紀になってからです。一方、日本では婚約の際には結納という儀式が古くからあり、婚約指輪を添える習慣が始まったのは1960年代からです。当時は真珠か誕生石が一般的でした。ダイヤモンドが圧倒的な支持を受けるようになったのは、テレビCMの影響と言われています。

婚約指輪に適した宝石とは

二人の愛が永遠に続くことを祈るなら、やはり硬い石であることが大事ですよね。硬度の高い石であることは婚約指輪の第一条件と言えるでしょう。また、値段に関しては二通り考えられます。一生に一度ですから、やはり少しは値の張るものであってほしいと思う女性は多いでしょう。さらに長い結婚生活では何が起きるかわかりませんから、もしもの時に二人を助けてくれるように、財産性の高い石を持っておくのもいいかもしれません。その一方で、せっかく指輪を買うのなら、普段の生活の中であらたまった席などに身につけていかれるようなものにしたい、という考えもあるでしょう。その場合は、あまり値段の高すぎるものは不自然になってしまいます。そして、堅くても古代ローマのように鉄では味気ないですね。やはり、心を惹きつけるほど美しく輝いていてほしいものです。

自分たちに合った指輪探し

確かにダイヤモンドは婚約指輪の定番かもしれません。でも、一生に一度だからこそ、二人にぴったりの石を探してみてもいいのではないでしょうか。硬度が高く、美しくて、ある程度の価値があるという、婚約指輪としての条件を満たす石であれば、選択肢は広がります。婚約指輪売り場にこだわる必要はありません。二人にとって心惹かれる指輪であれば、普通の少し高級な指輪売り場も見てみましょう。一昔前の日本で定番だった真珠も、清楚で素敵ですし普段使いにも自然です。また、色石でよく婚約指輪に用いられるのはルビーとサファイアです。ルビーは7月、サファイアは9月の誕生石でもありますが、誕生石が手ごろすぎる値段の場合にはルビーやサファイアが選ばれることも多いようです。両方とも硬度は高く、美しさは言うまでもありません。既成概念にとらわれることなく、二人の個性に合った思い出深い石を選んでみてはいかがでしょう。

婚約指輪は結婚式で新郎が新婦に指にはめてあげるものです。この行為は新郎新婦が永遠に愛し合うという誓いなのです。