手作り感溢れる結婚式にしたい!ハンドメイドできるものって何がある?

招待状や席札などの紙物を手作りに

結婚式で手作りしやすいものとして、まず招待状や席札があります。パソコンを使えるのであれば、デザインを考えて印刷すれば簡単ですね。時間はかかりますが、ゲスト一人一人に手書きのメッセージを添えたり、絵が得意であれば似顔絵を描いたりすると、喜んでもらえる上に記念に残るものとなるでしょう。これらを作る際には、名前の書き間違えだけはしないようによく確認することが大事です。そのほかにも手作りできる紙物に、メニュー表などもありますね。可愛くイラスト付きで描けば、見る人も楽しめます。

花嫁はブーケを自分で作るのも素敵です

花嫁自ら、ブーケを作る人も見られます。近年、半永久的に枯れないプリザーブドフラワーも人気があり、プリザーブドフラワーのブーケ教室なども行われています。これなら挙式後も家に飾っておけて、思い出になりますよね。ブーケとお揃いで、髪飾りなども作ってヘアアクセントにしても、素敵でしょう。自分で作れば好きな花を選べますし、結婚式場のプランに含まれているブーケのオプションを外すと少し安くなる場合もあります。ただし、中にはブーケの持ち込みが禁止されている式場もあるので、事前にきちんと確認しておきましょう。

個性溢れるウエルカムボードを作りましょう!

結婚式場の入り口に飾るウエルカムボードは、新郎新婦のことを知ってもらう目的もあります。二人だけの個性溢れるウエルカムボードを作れば、会場も盛り上がることでしょう。例えば二人の写真を飾ったり、似顔絵を描いたり、風船やぬいぐるみなどを使用するなど、いろいろと工夫次第で世界にひとつだけの可愛いウエルカムボードが出来上がります。作る際のポイントとしては、二人の名前を大きく書いておくと分かりやすいですね。二人で協力して作るのもまた、楽しいものです。

博多の結婚式場は、リーズナブルにできるところが多いです。形式にこだわらず、自由な発想で素敵にできます。