3種類の挙式タイプを、特徴や費用から考えてみます

神前式は、日本の伝統を感じられる挙式です

昔の日本では結婚式というと「神前式」が多くて、現在でも神前式で挙式をあげるかた達はいます。その歴史は古く、明治時代から続ている、伝統的な挙式なのです。しかし現在では神社の他に、ホテルの結婚式場でもおこなわれるようになりました。神前式を詳しくしらないかたは、意外に思われるかもしれませんが、神前式でも結婚指輪の交換をします。神前式を選ばれれる理由で多いのが「白無垢を着て、挙式をあげたい」と言う花嫁が多いのです。そして神前式の費用は5万円~20万円で挙式をあげられます。

多くの女性が、憧れる挙式が教会式です。

多くの女性が憧れる挙式と言えば「教会式」で、人気が高いのは独立型チャペルです。なぜチャペルで人気が高いのかと言うと、フラワーシャワーで祝福される姿を想像するだけでも教会式をあげたいかたが多いのです。そして神前式で白無垢を着たい花嫁がいるように、教会式を選ぶ女性はウエディングドレスを着たいのです。そして教会式の費用はチャペルであれば10万円~150万円はかかり、招待をする人数によって料金が大きく変わります。

リーズナブルな費用で、あげられるのが人前式です。

人前式というと、聞いたことがない方もいるかもしれません。挙式をあげる場所は自由ですが、費用を安く抑えられるレストランを、選ばれるかた達が多いです。その他にも、招待をする人数を抑えられるので、ご家族や親しいご友人だけを招待する場合が多いようです。人前式の特徴は自由に行われる挙式で、何をすれば良いのか分からずに悩まれるかたもいます。しかし宗教に関わらない挙式なので、宗教に抵抗のあるかたから人気があるのが人前式なのです。そして人前式の費用は、安い場合は5万円前後で挙式をあげられます。

白金の結婚式場は、豪華な設備が充実していることもあり、社会的な地位の高い人々からの期待が寄せられています。