少人数の挙式にはどんなメリットが存在するのか

結婚式の上げ方は人それぞれ

現在、少子化や若者の結婚への意識が薄まっていると言われますが、毎年多くの挙式を人々が上げていることは変わらないですよね。産業の発達や社会への意識が変わっていくことで結婚式のあり方も以前と比べて人それぞれ多種多様なものになりました。大人数で豪華な客室で行う披露宴もあれば、身内だけの少人数の挙式あるいは婚姻届を出して数年の後ウェディングプランを考える人など様々です。家族や親族のみまたは、新郎新婦のみの2人だけという少ない人数で行う結婚式は以前から比べると増えていく傾向にあります。

メリットがあるので多くの人が利用します

なぜ少人数の挙式が増えているのかとは前向き、後ろ向きな理由と人によって異なるでしょう。多くの人はこの結婚式のあり方は寂しい、式の間が持つのかというネガティブなイメージを持つかもしれません。確かに、大人数で挙げる方が華があって良いかもしれませんが、少ない人数で行うこともちゃんとメリットがあるんですよ。まず、身内同士で行うため気兼ねなくアットホームな雰囲気で結婚式が可能であり、ゲスト同士の交流や対応がしやすいです。これにより、濃い経験や記憶の残る思い出作りが可能です。また、式までの準備が簡単なので招待状の受け取りや印刷、出席者の確認といった作業負担が軽減できます。準備期間が短期間で済むことは仕事で時間を割けない人、再婚やマタニティ婚に向いた形式と言えるでしょう。

全てに配慮することで結婚式は完成します

大人数と比べて少人数の結婚式の金銭面での負担は少なく済みますが、良いことばかりではありません。式場、衣装や食事といったプランをしっかり立てないと後々トラブルの原因になるでしょう。場所によっては人数制限を設けているところもあり、一般に行われる計画の流れと異なるので注意しましょう。また、費用が安くなるからといって衣装やドレスのグレードを上げて予算オーバーになるケースもあります。一般的な挙式の見積もりは少なくとも3回は必要と言われるので、見落としや項目数が合っているかという確認も大切ですよ。最後に、身内や2人だけの結婚式は濃い思い出作りになりますが、式に読んでいない友人や親しい職場の上司や同僚への配慮も忘れてはいけません。

少人数の結婚式なら福岡では、少人数対応のプランがあるのでリーズナブルで希望する内容の結婚式が行えます。