身近な人たちと行う結婚式!小さくても思い出に残ります

結婚式のカタチもカップルそれぞれ

結婚が決まれば、カップルにとっては一つのゴールを迎えたのだと感じられるのではないでしょうか。今はいろんな考え方の人がいますので、昔のような大規模で派手な結婚式を行うより、レストランで食事をしたりするなど、規模も小さめで静かで穏やかな式を望むカップルも増えてきています。両親や親族、そして本当に仲の良い友人たちに報告をするというような、こぢんまりとした式ができるような場所やプランも多くなっていますから、じっくり検討してみましょう。

小規模な結婚式はどんな感じ?

これまでの結婚式のイメージは、誰もが華やかで賑やかとそんな風に答えてくれるかもしれません。ですが、小規模なのでレストランや料理屋さんを貸しきってそこで行ったりすることもできます。ゲストは少ないですが、その分招待した方たちの顔をきちんと見ながら挨拶も出来ますし、引き出物の用意やいろんな演出なども、来てくれる人たちのことを思い描きながら準備ができます。とても距離が近くなりますから、思い出に残る結婚式になることでしょう。

お互いの親族とも距離が近くなる!

結婚式の前に両親への挨拶は済ませていても、親戚まで顔見せをするということは殆どありません。そのため、親族を始めとした少人数の結婚式であればお互いの親戚にもじっくりと顔を合わせて挨拶が出来るので、結婚後の家族のお付き合いもスムーズになります。家族たちで行いますから、式場は小さいながらもアットホームな空間です。皆で美味しい料理や飲み物を用意したら、緊張するかもしれませんが未来への思いなども披露してみるといいですよ。

少人数の結婚式なら神戸が最適となっており、小規模のスペースを活用した結婚式場も多く見つける事が出来ます。